0

世界三大銘木のチークとは?テーブルウェアに最適なチークの特徴

世界三大銘木のチークとは?テーブルウェアに最適なチークの特徴
 世界三大銘木というがあり、ブラックウォルナットマホガニーに、チークだそうです。このマホガニーとチークは、過去の乱獲が原因で、なかなか市場に出回らなくなり、希少で、高価な木材となってしまいました。
 チークの産地は、ミャンマー、タイ、インドネシアが中心で、数が少なくなった為に、計画植林を行い、伐採制限を行っている地域がほとんどです。
チークの特徴

 チークの特徴は、まずは、その硬さ(耐久性)です。摩耗に強く、割れが少ないので、建材や家具に多く使われています。

 次に、耐水性です。チークは油分を多く含み、水をはじきます。さらに、その油分には抗菌作用があり、虫を寄せ付けません
 昔は、この耐水性と抗菌性で、船の甲板によく使われていたそうです。

 建材として、非常に優秀なチークですが、丈夫で、水に強い特徴は、もちろんテーブルウェアにも最適です。また、長くお使いいただくと経年による色合いの変化で、木目がより美しくなる、育てる楽しみもある素材なのです。

テーブルウェアで多彩に活躍するチーク

  木製の食器には、いくつかの素材が使われます。多くはアカシアが使われ、ウォールナットやラバーウッドもあります。多くは、表面にコーティング加工がしてあることが多いです。チークは、耐水性にも優れているので、表面加工なしでも、製作可能で、特にカトラリーは、硬質性の高いチークはまさにぴったりです。使い込むほどに風合いもでますので、楽しみながら末長くお使いいただけます。

 テーブルウェア通販セレクトショップ9th Portでは、多くのチーク材や木製テーブルウェアを取り扱っています。ぜひ、サイトにご訪問ください。(画像をクリックしてください)