0

カトラリー(Cutlery)って何?そして、フラットウェア(Flatware)との違いは?

カトラリー(Cutlery)って何?そして、フラットウェア(Flatware)との違いは?

◯カトラリーもフラッウェアも同じ意味 
 カトラリーとは食卓で使うナイフ、フォーク、スプーンなどの総称です。日本を含むアジア諸国では、箸も含まれることもあります。一方、フラットウェアは、アメリカ英語で、ナイフ、フォーク、スプーン類の総称です。つまり全く同じ意味です。ただ、アメリカでは、カトラリーという言葉はその名前の通り、キッチン用ナイフ類と食卓用ステーキナイフを差し、別の意味となっています。
 では、なぜヨーロッパとアメリカで呼び方が変わってしまったのでしょうか?

◯カトラリーの歴史
 もともと、カトラリーの歴史は、紀元前1000年頃に鉄のナイフが登場した頃から始まり、長い間、ナイフとスプーンというこの2種類を主に食事に使っていました。現在の形のフォークが出現したのは、18世紀初頭頃と言われています。
 
 カトラリーとは、フランス語から派生した英語で、Cutleryという文字の中にあるように、カット(Cut)する為のナイフ類を意味しますが、現代のヨーロッパでは、ナイフだけではなく、フォーク、スプーンの総称として一般的になっています。

◯アメリカは独自文化、独自呼称
  一方、フォークが出現した18世紀初頭といえば、ヨーロッパから新大陸アメリカへ数多く移住していた時期です。
 当時のヨーロッパでは、フォークの使用定着化が進む中、フォークが伝わらなかったアメリカでは独自の文化が発展していきました。
 フィドルバックスプーン(Fiddlle back spoon)という、スプーン兼フォークの役割の道具が一般的でした。これは、片方はスプーン、もう片方は、肉類を押さえる幅広の形状です。(現在は、アンティークとして流通しています)


 また、この当時、食器類は、銀メッキの食器シルバーウェア(Silverware)が多く流通していました。アメリカでは当時、独自の呼び方で、フラットウェア(Flatware)と呼ばれていました。このフラットウェアには、ナイフ、スプーンも含まれていました。
 

◯ステンレスの発明で大きく変わるテーブルウェア事情
 20世紀初頭にステンレス鋼が発明されると、テーブルウェア事情は大きく変わります。使う度に磨く必要がある銀製品は衰退し、錆びずに手間がかからないステンレスへと代わっていきます。そして、アメリカでは、それまで、銀食器類全般を意味していたフラットウェアは、ナイフ、フォーク、スプーンのみの総称となっていきました。
 
 これが、ヨーロッパとアメリカで、ナイフ、フォーク、スプーンの呼び方が違う歴史的背景でした。ナイフ、フォーク類をヨーロッパのお店で買う時は、カトラリー(Cutlery)、アメリカでは、フラットウェア(Flatware)と店員さんにつたえましょう。

 

9th Portでは、厳選されたカトラリーを数多く取り扱っています。ぜひ、ご覧ください。(画像をクリックしてください)